昨今、パワハラという言葉が大きく叫ばれるようになってきており、職場において最も気をつけて取り組まなければいけないことの一つになってきています。そもそもパワハラとは、一般的に言えば上司が部下に対して職務上の立場を利用して厳しい言葉を浴びせたり無視したりするなどの行為であり、セクハラなどとともに働く従業員を守るための意味合いが強いものになっています。そんな中において、企業や自治体などの職場は本業に向けての取り組みも必要であり、利潤の追求や目標達成などに向けた活動をしていく上では従業員を叱咤激励する必要性もあります。管理職など上に立つ立場の人間は、その両立の難しさに直面している現実があります。

しかしながら、これらの問題がクローズアップされてきている中でも、上司と部下の日ごろのコミュニケーションが上手くいっていれば、このような問題は起こりにくいとする声もあがっています。何気ない日常の会話を繰り返すことによってお互いに信頼関係が構築されていくことにより、些細なトラブルが大事に発展するような事態を回避できるようになるのです。とはいえ、必要以上の詮索やスキンシップは相手に不快感を与えることはもとより、周囲を誤解させることから適当なところにとどめておく必要があるといえるでしょう。何よりも目の前の仕事に真摯に取り組むことが重要であることは言うまでもないことで、職場では余計なことを考える時間も必要もないでしょう。

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required