会社で働く女性にとって、各種のハラスメントは安心して働くことを阻害する大きな要因です。言うまでもなく、各種の法律でハラスメントは禁止されていますが、それでもなかなか解消されているとは言えない状況なのではないでしょうか。女性にとっての一番の脅威とも言われているハラスメントはセクハラですが、それに勝るとも劣らないのがパワハラでしょう。パワハラとは、上司など職責上大きなパワーを持っている人が、そのパワーを過剰に使って無理難題等を従業員に押し付ける、暴言を吐く等のハラスメントのことです。精神的に大きなストレスにさらされている上司がそのはけ口を部下にぶつける形で行われる例もあり、深刻な問題の一つとされています。

こういったパワハラに遭遇した場合、社内のコンプライアンス委員会等が設置されていれば、そこに相談するのが有効な方法でしょう。ハラスメントについて会社は適切に対処する義務があるため、改善が期待できるかもしれません。しかし、場合によってはそれでも改善が見られないこともあるかもしれません。そういった場合は、各都道府県等に設置されている労働局などに相談するといいでしょう。また、ハラスメントが原因で既に会社を辞めてしまった場合であれば、ハローワークで相談をするという手もあります。ハラスメントに対して声を上げることは勇気のいることですが、それをすることが社会からハラスメントを根絶させる近道かもしれません。

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required