看護師の職場でもパワハラは存在しています。故意的な無視や侮辱する言葉、職務において過度な仕事量や責任を要求し、達成できない場合には過剰に攻めたてるなど、精神的な負担となるものが多く見られます。医療機関の中でも、職務上の地位を利用して精神的な負担を部下に与える行為は、パワハラに該当します。看護師の職場は、女性が多数を占め人間関係が複雑になる事も大変多く、この職場での問題を個人で解決する事は非常に困難になります。そのため、看護師は転職や就職先を探す際、精神的に過度な負担を強いられる職場かどうかを見極める術を身に付けておくことが必要です。

パワハラが横行していない職場の特徴としては、師長のリーダーシップが確立され、各医療スタッフをはじめ看護師の間でも派閥などが少なく、円滑なコミュニケーションが取れているということが挙げられます。看護師の職務が遂行しやすい仕組みが構築されスムーズに意思疎通や業務連絡ができ、素早く患者のケアや医師のサポートに反映される職場では、人間関係のもつれが原因となる過度な精神的苦痛を受けることが少なくなります。また、患者数の多い医療機関でも、組織ぐるみでのケアが確立され個々の役割分担が明確化されている勤務場所ほど、些細な人間関係のもつれが少なくなる傾向が見られます。そのため、医療機関という特殊な職場での精神的な苦痛を回避するためにも、看護師はこれらの要素を満たした勤務先を探し出すことが必要とされます。

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required